ネットの日々

現代の携帯電話の役割

携帯電話の現代の役割は、全段落で述べさせていただいたものだけではありません。
生活スタイルに合わせた使いやすい機器としてだけではなく、現代の携帯電話は欠かすことのできないコミュニケーションツールともなっています。
mixiやtwitter、facebookなどいつでも「誰かに自分の状況を伝えたい」、「他人の情報を知りたい」と考えている人々が多いのは事実です。
もちろんそうでない人々もいらっしゃいます。しかし前者の誰かと常につながっていたい、という人間が世界中に日々増えていっているのは間違いありません。
このまま携帯電話はどこまで進化していくのでしょう。ニュースでは日本の携帯電話の契約台数が日本の人口を超えたと報道していました。
近い将来世の中はすべてのことが携帯でできるようになり、人とのふれあいが少なくなってしまう悲しい世界がやってくるかもしれません。

 

ちょっと前に「本の整理をした」っていう記事を書いたと思うんですけど、実を言えば、あれは引っ越しの準備でした。
件の震災では幸いにも床下浸水(被害の程度で言えば「一部損壊」)で済んでいた我が家でしたが、まあそうは言っても築20年以上は経っているわけで、家族にも色々思う所があり・・・ここらで引っ越そうという話になったわけです。そんなわけで、先日バタバタと引っ越しまして、今は新居のマンションに住んでいます。
私自身は学生時代のひとり暮らしの経験もあり、何度か引っ越し作業の経験があったのですが、家族にとっては初めての引っ越しだったので、私以外の面々には大変な数日間となりました^^;まあ何が大変って、物の多さですよね。
それまで暮らしていた我が家は一軒家で、しかも20年以上暮らしていた家だったので、それ相応に家族の持ち物が大量にあり・・・押し入れや納戸から出てくるわ出てくるわ気が遠くなる様な作業でした。勿論、それだけの荷物が全部新居に入るわけもないので、選別しながらの荷造りとなりましたが。
経験者とはいえあくまでも私のは「単身」だったこともあり、一家の引っ越しとはまた勝手が違っていて、結局のところ私の経験はあまり役に立たなかったです(´・ω・`)

続きを読む≫ 2013/09/11 21:28:11

最近の風潮にも流されず、うちでは私も含めて全員が喫煙者です^^;なので、リビングを中心に割と手の届く範囲でライターが置いてあります。(子供もいないし、子供のお客さんも滅多に来ないので)
で、最近のライターって簡単には火が点けられないようになってるんですよね。ある手順を踏まないと着火出来ないようになっていたり、単純にスイッチが固かったり・・・とにかく小さい子供が簡単には点けられないようにっていう意図で、色々な仕組みになってるんですが、正直に言ってこれが相当に鬱陶しいです^^;
スイッチが固いものは本当に半端なく固くて、大人でも両手で支えないと上手く点けれないものもあるし、手順を踏む仕組みのものは結構なテクニックが必要だったりして、器用さが求められたりします。力技のタイプはさておき、こういうテクニカルなタイプは大人も子供も関係なく出来る人と出来ない人がいるんじゃないかと・・・。
そもそもにして、「子供への配慮=ライターの改良」という考え自体が違うんじゃないかなと思うんですよね^^;
安全面を考える事は大変結構ですけど、大前提として「マッチやライターで遊ばない」という事は周りの大人が教える事であって、それをしなければ妙な小細工は殆ど効果が無いんじゃないかなと思います(´・ω・`)

続きを読む≫ 2013/08/29 15:28:29

今日のお昼はミスドのパイでした。120え〜ん♪(*´▽`*)
昨日、お店の前を通りかかったら「100円セール」ののれんを見つけて、思わず吸い寄せられてしまいました。ミスドさんもしょっちゅうセールをやってくれるので、その度に釣られてしまう〜(笑)
にしても、最近のミスドの新商品はかなりゴテゴテで派手なのが多いですよね。個人的にはポン・デ・黒糖や、チュロみたいなシンプルな商品が好きなので、あんまり惹かれない・・・^^;
そういえばチュロって昔は2種類あったと思うんですけど、知ってる人はいるでしょうか。今出ているチュロは白い砂糖のコーティングがされているんですけど、そのコーティングがないバージョンのチュロが昔はあって、私はそっちの方が好きだったんです。なんで無くなっちゃったんだろう(´・ω・`)
他にもホームカットっていう超シンプルなドーナツもあったんですけど、随分前から見なくなりました。あんまりにもシンプルなものは、売れなかったのかな・・・。シンプルなドーナツと言えばオールドファッションもそうなんですけど、ホームカットはもっと元祖ドーナツ!みたいな商品で、それはそれとして残してほしかったです。(ドーナツ専門店なんだし・・・)
また復刻とかしてくれないかなぁ。

続きを読む≫ 2013/08/15 20:27:15

色の三アメリカにある測色委員会によって1943年に視感評価実験が行われ、修正マンセル表色系が発表され今に至ります。
(視感評価実験とは、正常な色覚を持つ観察者が知覚を頼りに色相・明度・彩度が等間隔に見えるような色表を選ぶ実験です。)
この表色系には色相・明度・彩度が使用されます。
その三種類の色の属性が等間隔に感じられるように均等に配置されており、CIE表色系の色度座標XYと視感反射率Yは相互交換が可能です。
また機会を用いた測色をすることによりマンセル記号の表示ができます。このことによって色の複製、再現が正確にできるので、現在いろんな分野で使用されています。
しかし問題点もあります。
色相分割をする際、5つ主色相(赤・黄色・緑・青・紫)とそれらの捕色関係を保ったマンセル表色系は、部分的には正確なのですが、全体を見たときには色相の間隔が異なってしまいます。
そのため、赤紫と青紫の部分では差が大きく生じてしまいます。
それに、同じ彩度の色だけで色相環を作ると色によって彩度感が異なってしまいます。
視感反射率が一定のものを明度がいっていとしているのですが、彩度が異なると明度感も異なってしまいます。
これらの問題点を頭に入れた上でマンセルの表色系を使うことが大事になってきます

続きを読む≫ 2013/07/30 22:27:30

昔からあるお馴染みの菓子パン「ヤマザキコッペパン」。「ジャム&マーガリン」とか「つぶあん&マーガリン」等々、色々な種類があるあのシリーズです。最近はコンビニなんかだと結構美味しそうな菓子パンが並んでますけど、なかなかどうして私はヤマザキのコッペパンが一番好きです^^値段も安いし(笑)今日のお昼も「つぶあん&マーガリン」にしました。このコッペパンシリーズ、私は昔からある「イチゴジャム&マーガリン」と「つぶあん&マーガリン」の2種類だけだとずっと思ってたんですけど、最近になって「はちみつ&マーガリン」とか「チョコ&ホイップ」を見かけるようになりまして、他にもあったのか〜となりました。それでちょっと調べてみたんですけど、なんとヤマザキコッペパンシリーズ、ものすごいいっぱいあったんですね!「きなこクリーム&くろみつ」なんていうのから、更には地域限定の商品まであって吃驚しました。知らなかったな〜。どこで売ってたんでしょうか。スーパーなんかだと置いてたのかもですね。でも実際にお店で見つけても、私は「つぶあん」か「イチゴジャム」を選んじゃうかなぁと思います。もう私の中で「ヤマザキコッペパン」と言えばコレ!ってなっちゃってるんですよね。

続きを読む≫ 2013/07/19 18:38:19

毎日ネットばかりやってます。
本当にネットができて楽しいですね。
ちょっと前までは信じられない技術だったけど今では普通に携帯でもネットが出来て本当に便利です。
何かあれば何でもネットで調べますよね。

 

ググればなんでもわかるし、
何か買うのにも売るのにも探すのにもどっか行くにもネットを使いますよね。
本当になくてはならないものになっちゃいましたね。
これだからやめられないんですよね。

続きを読む≫ 2013/06/14 09:05:14

昨年最終回を迎えた「水戸黄門」を最後に、すっかり昔ながらの時代劇っていうのは放送されなくなってしまいました。寂しい・・・。時代劇の中でも「水戸黄門」が大好きだった私にとって「最終回」のニュースは本当にショックでした。一般的なイメージとして「大いなるマンネリ」と言われたあのシナリオスタイルが有名ですが、実際にちゃんと見てみると毎回設定も凝っているし、時にはイレギュラーな展開もあったりで、それなりに見応えのあるドラマになっているんです。しかも大体が1話完結の話なので、冒頭の15分を見逃すと展開についていけなくなるということもしばしば。結構密度のある1時間なんです。こんなに面白いのに・・・!因みに私の最もお気に入りの助さん格さんは原田龍二・合田雅吏のコンビです^^なんていうか「ちょうどいい若々しさ」と言いますか・・・私の中の助さん格さんの見た目年齢は彼らくらいがピッタリだなーと思うんですよね。そういえば昨年の最終回スペシャルでは、歴代のキャストがゲストキャラとしてたくさん出ていたんですけど、この2人は出てなかったなぁ。。もう「水戸黄門」のような時代劇はCSの専門チャンネルみたいに、特別な趣味として楽しまれるジャンルになっちゃったんでしょうね。寂しいです(´・ω・`)

続きを読む≫ 2013/05/30 16:00:30

どうやら・・・ものすごく売れた割に評価が最悪みたいですね^^;この場合、幸いと言っていいのか、私はとりあえず様子見でまだ買ってませんでした。
多分、私もそうでしたけどONE PIECEのビッグネームによる期待値で、発売前から相当に予約も入って発売日当日もガッツリ売れたんだろうなぁと思います。で、いざやってみたら期待していた分の落差も相まって、ガッカリ感MAXという感じでしょうか・・・^^;私も楽しみにはしていたので、ちょっと残念です(´・ω・`)
某大手通販サイトの評価をざっと読みましたが、よく書かれていたのがDLC(ダウンロードコンテンツ)の事でした。前にも言ったとおり、私はゲームの知識に関しては本当に疎いので、最初は何のことかと思って読んでたんですけど、アレなんですね。本体購入後もネットから追加コンテンツをダウンロードするってことなんですね。しかも有料で・・・。素人感覚の私としては追加料金だけでもちょっと「え〜(´Д`;)」って感じだったんですけど、それが海賊無双は発売日当日に配信されていたそうで・・・そりゃ酷評も納得だわと思いました。
ネットの評判では、すぐに中古に出回りそうな雰囲気もたっぷりだったので、私は気が向いたときにでもそっちに便乗しようかなと思います^^;

続きを読む≫ 2013/05/21 20:00:21

ですね!告知があった時から気になってます。でも買おうかは迷い中・・・。PS3になってから無双シリーズって基本ひとりプレイのみになっちゃったじゃないですか。2人でもやろうと思えばできますがオンラインだけっていう・・・。なんでだ・・・!(;ω;)無双シリーズは初めてやった時から2人でのプレイしか経験がないので、「海賊無双」も2人で協力プレイしたいわけです。私はゲームが下手くそなので、無双シリーズはひとりでは心もとない・・・。まあ普通は私みたいに協力プレイ前提みたいな考えはないんでしょうね。とほほ。ONE PIECEは昔から大好きな漫画なだけに、本当に残念・・・。いや何故そんなにこだわるのかっていう話ですけども、実は私、ゲームをするようになったのが20代になってからで、ゲーム歴が浅くとにかく下手くそなんですね^^;ゲームが好きになったきっかけも「みんなでやったら楽しかった」というわけで、つまり私の下手くそを誰かにカバーして欲しいという腰抜けゲーマーなのです。最近になってやっと、1P専用のゲームも挑戦できるようになってきましたが・・・。そんなわけで、恥ずかしながら「海賊無双」についても「保護者同伴」を希望している私なのです^^;

続きを読む≫ 2013/05/12 15:58:12

祭りとは古語である大和言葉で「まつらう」から来ています。まつらうとは絶対服従といった意味があります。
言い換えると「身も心もすべて捧げる覚悟で神様にご奉仕する」といった意味でもあります。
各地の祭りの仕方、季節、何を神とするのかはそれぞれ異なりますが、今を生かされている事に感謝の誠を捧げ、一人でも不幸な人がなくなりますように、真心を込めてお祈り申し上げるというところではどの祭も同じような意味があります。
どのお祭りも、神話に起源をもち、その神話をもとにして、神々が辿った事跡を追体験しています。単なる儀式やパフォーマンスなどでは決して無いのです。
祭を繰り返すことにより、遠いはるか彼方に追いやられ忘れ去られようとしている過去を現代によみがえらせることが出来る。思い出すことが出来る。新しく自覚することが出来る。再確認出来る。決意を新たにすることが出来る。
というのが各地で祭りを行う人々の信念であると思います。

続きを読む≫ 2013/05/03 23:46:03

ホーム RSS購読
PR-@コスメ